2012年04月03日

痛み経路の概略【痛みの経路@】

『痛み』は嫌なものですよね。『痛み』があると、何もする気になれなくなってしまいます。生きているのが嫌になってしまいます。(>_<)


『痛み』はどのようにして生じるのでしょうか?


大雑把に言えば、身体が傷つき、それを脳(大脳)が感じることで、『痛み』が生じます。


もう少し詳しくみてみると、末梢の組織(皮膚、筋、内臓など)にある痛みの受容器(センサーのようなもの)が身体の損傷を感知し、その刺激が神経を伝って大脳にたどり着くと、『痛い』という感覚が生じます(『痛み』が生じる)。


さらに、『痛み』を末梢の組織から大脳に伝える神経は、1本だけで末梢の組織から大脳に繋がっているのではなく、2つの中継点を経由して3本の神経で繋がっています。


痛み神経概略図.png



上の図のように、その中継点は『脊髄』と『視床』にあります。神経は1つの細胞であり、神経細胞を英語ではneuron(ニューロン)といいます。末梢から大脳までの神経を順に、『一次侵害受容ニューロン』、『二次侵害受容ニューロン』、『三次侵害受容ニューロン』といいます。


では、次回からは、それぞれのニューロンの特徴についてみていきましょう。


つづく・・・


〈主な参考文献〉松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ

2012年04月04日

一次侵害受容ニューロン【痛みの経路A】

一次侵害受容ニューロンとは、痛み刺激によって生じた痛みの受容器の興奮を脊髄へ伝える神経です。一次侵害受容ニューロンの系統図を下に示します(図1)。


一次侵害受容ニューロン.png

図1:一次侵害受容ニューロン系統図



一次侵害受容ニューロンの末端(末梢側)は自由神経終末とよばれ、2種類の痛みの受容器(侵害受容器)が存在します。それは、高閾値機械受容器ポリモーダル受容器です。これらの受容器は、刺激が与えられると興奮し、その興奮は神経を伝わっていきます。与えられる刺激の強度に伴って興奮性が増します。


高閾値機械受容器は、侵害性(身体に害を及ぼすような)の強い機械的刺激が与えられると興奮しますが、弱い機械的刺激では興奮しないという特徴があります。


ポリモーダル受容器は、侵害性、非侵害性に関わらず、機械的刺激、熱刺激(43℃以上の高温と15℃以下の低温)、化学的刺激が与えられると興奮するという特徴があります。ちなみに、ポリモーダルの『ポリ』は多様な、『モーダル』は様式という意味です。


一次侵害受容ニューロンには、Aδ線維C線維の2種類があります。


Aδ線維は、直径5μm以下、伝導速度30m/s以下のもので、受容器の興奮を素早く脊髄へ伝えます。


C線維は、直径1.5μm以下、伝導速度2m/s以下のもので、受容器の興奮を比較的ゆっくり脊髄へ伝えます。


『痛み』には2種類あって、一次痛二次痛とよばれています。一次痛は『刺すような鋭い痛み』で、二次痛は『鈍く疼くような痛み』です。組織が損傷されたときは、最初に一次痛が生じ、少し遅れて二次痛が生じます。一次痛は一過性の痛みであります。例えば、転んで頭を打ったとき、最初に感じる「火花が飛ぶような痛み」は一次痛で、その後に感じる「ズキズキした痛み」は二次痛であります。


つまり、一次痛Aδ線維によって、二次痛C線維によって脊髄に伝えられます。


Aδ線維自由神経終末うち、皮膚表面にあるものにはポリモーダル受容器が、深部組織にあるものには高閾値機械受容器が存在しています。


C線維自由神経終末には、ポリモーダル受容器が存在しています。


受容器には、刺激を受け取る受容体が存在します。この受容体は何種類もあり、それぞれ決まった刺激しか受け取ることができません。


Aδ線維の皮膚表面にあるポリモーダル受容器に存在する受容体には、機械的刺激に応答するもの、熱刺激に応答するもの、化学的刺激に応答するものがあります。化学的刺激については、プロスタグランジンI2に対する受容体が存在します。Aδ線維の深部組織にある高閾値機械受容器に存在する受容体には、機械的刺激に応答するものが存在します。


C線維ポリモーダル受容器に存在する受容体には、機械的刺激に応答するもの、熱刺激に応答するもの、化学的刺激に応答するものがあります。化学的刺激については、ブラジキニン、サブスタンスP、ヒスタミン、セロトニン、アデノシン三リン酸、カプサイシン、酸(水素イオン)、プロスタグランジンI2、プロスタグランジンE2、神経成長因子、種々サイトカインなどに対する受容体が存在します。


以上のように、一次侵害受容ニューロンは、機械的刺激、熱刺激、化学的刺激を受容器受容体で受け取り、その刺激を脊髄へ伝える役目を果たしています。そして、一次侵害受容ニューロンには伝導速度が異なる2種類の線維、すなわちAδ線維C線維があります。伝導速度が速いAδ線維によって伝えられる痛みは一次痛を、伝導速度が遅いC線維によって伝えられる痛みは二次痛を引き起こすことになります。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ

2012年04月08日

二次侵害受容ニューロン【痛みの経路B】

二次侵害受容ニューロンは、一次侵害受容ニューロンの興奮を、脊髄で受け取り視床へ伝える神経です。


脊髄横断図.jpg

図1:脊髄の横断図



これまでの説明のように、一次侵害受容ニューロンは痛み刺激によって生じた興奮を脊髄に伝えますが、脊髄の中でも“後角”というところに接続し伝えます。上の図1は、脊髄の横断図ですが、“後角”は灰色の部分の背中側(画面では上側)に突き出た角のようなところです。この灰色の部分は“灰白質”といい、神経細胞体が主に占めているところです。また、白い部分は“白質”といい、神経線維が主に占めているところです。


神経細胞.jpg
図2:神経細胞の模式図



説明していませんでしたが、神経細胞は、神経細胞体、樹状突起、軸索(神経線維)で構成されています。上の図2は、一般的な神経細胞の模式図です。この図以外の形態をしたものもあります(一次侵害受容ニューロンなど)。


一次と二次侵害受容ニューロン.jpg
図3:一次侵害受容ニューロンと二次侵害受容ニューロンのシナプスの模式図



一次侵害受容ニューロンは、脊髄後角で二次侵害受容ニューロンにバトンタッチします。このように神経がバトンタッチするところを“シナプス”といいます。上の図3は一次侵害受容ニューロンと二次侵害受容ニューロンのシナプスの模式図です。このように一次侵害受容ニューロンは、軸索を二次侵害受容ニューロンの神経細胞体に向けています。


一次〜二次侵害受容ニューロンの系統図を下に示します(図4)。


二次侵害受容ニューロン.png

図4:一次〜二次侵害受容ニューロン系統図



一次侵害受容ニューロンには、一次痛を伝えるAδ線維と、二次痛と伝えるC線維がありますが、それぞれ脊髄後角の中でも異なる部分に入り、二次侵害受容ニューロンとシナプスを形成しています。二次侵害受容ニューロンには、特異的侵害受容ニューロン広作動域ニューロンの2種類があります。


特異的侵害受容ニューロンは、侵害性の強い機械的刺激には興奮しますが、弱い機械的刺激には興奮しないという特徴があり、『痛み』の発生場所を知らせるニューロンと考えられています。


広作動域ニューロンは、侵害性、非侵害性に関わらず、幅広い刺激に興奮するという特徴があり、『痛み』の刺激の強度を知らせるニューロンと考えられています。また、深部組織からの刺激によって皮膚に痛みを感じる“関連痛”の発生に関与すると考えられています。さらに、繰り返しの刺激により、感受性を増す“ワインドアップ(wind-up)”現象が生じたり、痛み以外の刺激を痛みとして伝達(例えば、触覚刺激によって生じた、触覚を伝えるAβ線維の興奮を、広作動域ニューロンが痛みとして伝達)するようになったりします。


一次侵害受容ニューロンのAδ線維特異的侵害受容ニューロンとシナプスを形成し、C線維特異的侵害受容ニューロン広作動域ニューロンともシナプスを形成します。


つまり、一次痛特異的侵害受容ニューロンによって、二次痛特異的侵害受容ニューロン広作動域ニューロンによって、視床まで伝えられます。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ

2012年04月29日

股関節痛【私の痛みA】

大学病院の医師から宣告された病名は『外傷性変形性股関節症』でした。実は、私は、約16年半前の1995年5月に、交通事故に遭っています。ゴールデンウィークの行楽日和の中、オートバイで遠方の友達の家に向かっていました。


片側1車線の国道は、大渋滞。私は車と歩道の間を、すり抜けながらゆっくり走っていました(このようなすり抜け走行は、してはいけないことです(>_<))。すると、渋滞中の車と車の間へ向かって、対向車が右折してきました。その対向車は道路に面しているお店の駐車場へ入ろうと右折してきたのです。ちょうどそのとき、その渋滞中の車と車の間を、私のオートバイが通りかかりました。


そして・・・、その対向車は、私とオートバイに横からぶつかり、跳ね飛ばしました。私はお店の駐車場へ、5mほど飛ばされました。私は激痛にうなされ、救急車で病院へ運ばれていきました。そして、脚の骨が折れ、股関節が脱臼してしまっていたため、緊急手術となり、3ヶ月間、入院することになりました。


私はこの事故で、右脛骨(すねの骨)を粉砕骨折し、右股関節を脱臼骨折してしまいました。股関節の脱臼骨折では、大腿骨の骨頭の下が欠けてしまいました。脱臼は、脱臼してから時間をおかずに再脱臼すると、脱臼が癖になってしまい、脱臼しやすくなります。そのため、入院して3週間は、脚が動かないように固定して、ベッドで寝たきりの状態となりました。


幸い、手術後の経過は良好でした。このときの医師は退院時に「もう何をしても大丈夫。スポーツも普通にできる。どんどん身体を鍛えなさい。」と私に伝えました。股関節を脱臼すると、大腿骨の骨頭が壊死する可能性があるのですが、私にその徴候は見られませんでした。


今回の『外傷性変形性股関節症』、これは明らかに16年半前の交通事故による怪我の影響です。当時の医師から「何をしても大丈夫」とのお墨付きをもらっていたのに、まさかそこが痛んでしまうとは。(>_<)


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み

2012年04月30日

股関節痛【私の痛みB】

私に手術の宣告をした大学病院の医師は、こう付け加えました。

Dr:
「まあ、しばらくしたら痛みがなくなることもあります。痛み止めの飲み薬を出しておきますので、様子をみましょう。あと、大腿骨頭が壊死していないか確認したいので、MRI(核磁気共鳴画像法)を受けて下さい。」

私:
「わかりました・・・」


次回の診察日までのロキソニン(痛み止め)を処方され、雲の上を歩いているようなフワフワした落ち着かない気持ちで自転車に乗りながら帰宅しました。そして、午後からは仕事をしました。


早速ロキソニンを飲み始めました。ロキソニンの効果は絶大で、薬が効いている間は痛みが半減しました。「この調子で治っちゃうかも♪」と喜びました。しかし、半減したとはいえ、痛みは出るので、以前のように歩くことはできません。また、痛みが出る動きにも変化が生じ、あぐら(胡坐)をかくとき、自転車に乗ろうとサドルをまたぐとき、階段を昇るときにも痛みが出るようになりました。


12月9日にMRIを撮り、12月20日に2回目の診察を受けました。

Dr:
「MRIを見る限り、大腿骨頭の壊死はなさそうですね。痛みが軽くなっているみたいで、良かったですね。このまま様子をみてもいいと思いますが、痛みが消えないようであれば手術しかないと思いますよ。一度、『造影MRI』をしてみませんか?股関節に造影剤を注入するので、ただ画像を撮るのとは違って、身体への負担が大きいですが。」

私:
「手術ですか・・・。まだ、『造影MRI』をする気にはなれません・・・」

Dr:
「そうですか・・・。CT(コンピュータ断層撮影)を撮って骨の状態を確認するのもいいかもしれません。どうですか?」

私:
「わかりました。CTは撮ってください。ところで、運動はどこまでやってもいいのでしょうか?ジョギングや自転車、水泳やサーフィンはどうなのでしょうか?」

Dr:
「痛みが出ない範囲で是非運動してください。ただ、股関節に強い衝撃が加わるような運動はしない方がいいと思います。ジョギングはあまりしない方がいいかもしれません。自転車や水泳は良いと思います。安静にしているよりも、よく動いてください。その方が、“生活の質”や精神衛生の面でも、良いと思います。」


診察後、CTを撮りました。また次回の診察日までのロキソニンの処方箋をもらい、帰宅しました。そして、午後から仕事。この12月後半は、忘年会シーズンです。会場が座敷の場合、あぐらをかくと痛みが出るので、楽な姿勢をとるのに大変でした(汗)。


12月27日、3回目の診察を受けました。

Dr:
「CTを見ると、右の股関節の骨が荒れていますね。この荒れているところが、股関節を動かすと相手の骨とぶつかって、痛みが出ているのかもしれませんね。手術でこの荒れているところを綺麗にしてあげれば、痛みは出なくなるかもしれませんよ。」

4EF91BC9.jpg
3D-CT(正面像)

4EF91BC4.jpg
3D-CT(背面像)


確かに右股関節の骨の輪郭が左に比べてガタガタしています。

私:
「手術はちょっと考えさせてください。」

Dr:
「分かりました。このまま様子をみましょう。特に痛みに変化がなければ、1ヶ月後にまた来てください。」


また次回の診察日までのロキソニンの処方箋をもらって、午後から仕事。この日も忘年会があって、会場は座敷でした。座るスペースが狭く、あぐらをかかざるを得ませんでした。痛みを感じながら、たくさんのビールを飲みました。帰宅途中、酔っぱらった頭で「手術もしょうがないかな〜・・・」などと、夜空を見上げながら、ぼんやり考えていました。(>_<)


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み