2012年06月12日

炎症の概要【炎症のしくみ@】

ヒトの“からだ”は、損傷すると、損傷したところを自ら修復させようとします。いわゆる、自己治癒、自然治癒といわれるものです。この損傷した組織の修復は、どのようにして行われるのでしょうか?


大雑把にいうと、損傷したところに『炎症』が生じ、そこが新たな組織に置き換わることで、修復されていきます。その過程を、少し詳しくみていきましょう。今回は、『炎症』の概要についてです。(^^)


組織が損傷を受けると、『炎症』とよばれる生理反応が生じます。『炎症』は、損傷を受けた組織を取り除き、修復するために生じます。


『炎症』が生じると、損傷が生じたところやその周囲は、@赤みを帯び(発赤A腫れあがり(腫脹B熱を持ち(熱感C痛みが生じます(疼痛。これらの症状は、“『炎症』の4徴候”として、経験的に古くから知られています。今日においては、これらの原因は、血管拡張、血流増加、血管透過性亢進などの、『血管反応』による変化であることが明らかになっています。


また、『炎症』が生じると、反射的、意識的に運動が抑制され、D正常な運動ができなくなってしまいます(機能障害。これを加えて、“『炎症』の5徴候”とよぶこともあります。


『炎症』は、損傷した組織を修復するためには不可欠なもので、この生理反応が正常に機能しなければ、組織の修復は滞ってしまいます。しかし、『炎症』が必要以上に強い場合や持続する場合は、『炎症』の本来の目的からは外れてしまい、生体にとって悪影響を及ぼすようになります。このような『炎症』を、病的炎症、あるいは慢性炎症とよびます。この慢性炎症の例としては、関節リウマチが挙げられます。


では、次回からは、『炎症』の原因についてみていきましょう。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織損傷・治癒のしくみ

2012年06月13日

炎症の原因【炎症のしくみA】

『炎症』を引き起こす原因には、生体の外からの有害な刺激による外因と、生体の中の機能異常や傷害による内因の2つがあります。


外因は、物理的因子化学的因子生物的因子に分けられます。


物理的因子には、機械的刺激、熱、紫外線などがあります。例としては、打撲、捻挫(靱帯損傷)、火傷などがあります。


化学的因子には、強酸、強アルカリ、有害薬品などがあります。例としては、湿疹、火傷などがあります。


生物的因子には、細菌、ウイルス、寄生虫などがあります。例としては、感染性関節炎、外傷後の化膿などがあります。


内因には、アレルギー自己免疫異常代謝異常による炎症物質の産生、臓器の機能異常ストレス(生体に生じた歪み)による組織の破綻などがあります。


自己免疫異常の例としては、アトピー性皮膚炎、関節リウマチなどがあります。


代謝異常の例としては、痛風などがあります。


ストレスの例としては、腱鞘炎、変形性関節症などがあります。


では、次回からは、『炎症』のメカニズムについてみていきましょう。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織損傷・治癒のしくみ

2012年06月14日

炎症の機序@【炎症のしくみB】

組織が損傷を受けると、直ちに『炎症』が生じ、その中心的役割をなす血管反応がスタートします。これは、次の3つの過程からなります。

@血管内径の変化とそれに伴う血流量の変化

A血管透過性の亢進と滲出液の形成

B細胞成分の血管外への遊走と細胞性滲出物の形成

その後、次の2つの過程をたどります。

C白血球による貪食

D炎症の終焉

では、これらの『炎症』の5つの過程を、詳しくみていきましょう。(^^)



@血管内径の変化とそれに伴う血流量の変化

組織損傷は、血管の破損と出血を伴うため、その直後から止血のための反応が生じます。


まず、血管が破損されると、その血管内皮細胞も損傷されます。すると、血管内皮細胞から、エンドセリンとよばれる化学伝達物質が分泌されます。このエンドセリンによって、破損した部分とその周囲の血管が、一過性に収縮します。


損傷された血管内皮細胞からは、血小板活性化因子も分泌されます。すると、それによって活性化された血小板が、破損した血管に集まり、凝血塊(血の固まりが集まったもの)を作ります。そして、この凝血塊によって、血管の破損された部分が塞がれ、止血されることになります。


また、活性化された血小板からは、セロトニンとよばれる化学伝達物質も分泌されます。このセロトニンは、エンドセリンと同様に、破損した部分とその周囲の血管を一過性に収縮させます。


このエンドセリンセロトニンなどによる血管の一過性の収縮は、通常、数秒〜数分間持続します。この、血管の一過性の収縮も、血流を低下させたり、血管の破損部を小さくさせたりすることで、凝血塊を作りやすくし、止血に貢献していると思われます。


破損した部分とその周囲の血管は、一過性の収縮に引き続き、拡張が生じます。この血管の拡張は、組織が損傷されることで引き起こされる血液中の化学反応により生成されるブラジキニンとよばれる化学伝達物質や、ブラジキニンが組織内の肥満細胞を刺激することで生成されるヒスタミンとよばれる化学伝達物質などが作用することで生じます。


血管が拡張する結果、破損した部分とその周囲の血流量が増加します。この血流量の増加が、“発赤”や“熱感”といった、『炎症』の徴候を生じさせます。また、破損した部分とその周囲の血圧も高くなり、血液の水分が血管から染み出る、濾出という現象も生じます。しかし、この濾出は、次に説明する血管透過性の亢進によって、隠されてしまいます。この血管の拡張は、通常、数十分〜数時間持続します


炎症の機序1.png



つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織損傷・治癒のしくみ

2012年06月15日

股関節痛【私の痛みK】

6月14日、予定通り、サーフィンに行ってきました♪今シーズン、初めての青空でのサーフィンでした。仰向けになって、サーフボードにつかまりながら、海の上を漂い、きれいな青空を眺めているだけでも満足できる、楽しい時間を過ごせました(^^)。今回の波はやや荒れていて、波の力を捉えにくかったですが、波の数が多く、十分に遊ぶことができる波でした♪


股関節の痛みですが、大腿直筋の骨盤の付け根付近の痛みはまだあります。でも、日常生活にはあまり影響ありません。今回サーフィンをしているときも、痛みが出ないように気を付けているためか、痛みはほとんど感じません。もっとも、サーフィンが楽しいから、痛みを感じないようになっているのかもしれませんが(^_^;)。


痛みを感じないことは、良いことですね!でも、痛みどめの薬やお酒などを飲んでいるとき、興奮しているときなど、痛みを感じにくくなっているときには、あまり無理な動作はしない方が良いと思います。痛みは感じていなくても、傷んでいるところがまだ治っていない場合があります。そんなときに無理なことをすると、傷口を広げてしまうような結果になりかねません。。。


こんなことを言うと、安静にしていないといけないと思ってしまいそうですが、安静も場合によっては、傷んだ体を治すためには障壁となってしまうことがあります。したがって、ほどよく活動することが、痛みをなくし、傷んだ体を治すためには必要な場合が多いです(^^)v。


下の写真は、今回撮った写真です。この青い空や海のように、痛みなく、もしくは痛みと上手に付き合って、清々しく暮らしていきたいものですね。(^o^)/


DSC_0054.JPG



と、思っていた矢先、サーフィンから帰って次の日の朝、ウエットスーツを洗っていたら、ぎっくり腰になってしまいました(>_<)。腰が痛くて、顔をまともに洗うこともできません。腰の痛みが強すぎて、股関節の痛みなど、どこかに行ってしまいました(苦笑)。しばらくは、腰の痛みと上手に付き合っていくようにします。。。(^_^;)


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み

2012年06月16日

BLSの手順(CPRやAEDの実施)【一次救命処置】

6月15日、職場で開催された、一次救命処置(BLS:Basic Life Support)の講習会を受講しました。この講習会は、JRC(日本版)ガイドライン2010 BLSJRC:Japan Resuscitation Council『日本蘇生協議会』)に準じて行われました。BLSとは、急に心肺停止などで倒れた人に対して、救急隊や医師にその人を引き継ぐまでに行う、応急処置のことです。この応急処置は、特別な専門的機器や医薬品などは使用しないため、正しい知識と方法を知っていれば、誰でもできるものです。適切なBLSが行われれば、救命率が向上することが、多くの研究で明らかになっています。


私は、新入職員研修でこのBLS講習を受けました。それから2年、仕事に追われる中、BLS講習の内容はほとんど忘れてしまっていました(^_^;)。「医療従事者であるにも関わらず、BLSを適切に行えないのは嫌だな〜」と思い、今回受講を申し込みました。そして、BLS講習の内容を忘れないように、復習も兼ねて、ここに記録しておくことにしました。


BLSの基本的な手順は、『@倒れている人を発見』⇒『A周囲の安全確認、感染予防』⇒『B意識有無の確認』⇒『C人手と物を集める』⇒『D気道の確保』⇒『E呼吸、脈の確認』⇒『FCPRの実施』⇒『GAEDの使用』⇒『倒れた人が動き出すか、救急隊が到着するまでF⇒Gを繰り返す』となります。では、Aからそれぞれの内容を少し詳しくみていきましょう。



A周囲の安全確認、感染予防

救命処置は、安全な場所で行います。倒れた人が、車にひかれそうな場所などいるときは、その人を安全な場所まで運んでから救命処置を行います。血液や体液に接触する可能性があるときは、手袋やゴーグルを着用します。



B意識有無の確認

倒れている人の両肩を軽く手でたたいて、「大丈夫ですか?」と声をかけます。



C人手と物を集める

Bで反応がない場合は、「誰か来てください!」と大声で叫びます。集まってきた人に、「119番通報してください」「AEDを持ってきてください」と、相手の目を見て、指をさして依頼します。誰もいなければ、自ら119番通報し、AEDを取りに行き、戻ってきたら次の手順Dを開始します。



D気道の確保

片方の手のひらを額に置いて頭部を後屈させ、もう片方の手の指で顎先を拳上させ、気道を確保します。



E呼吸、脈の確認

自分の耳を、倒れている人の口と鼻の近くにもっていきます。そして、胸の動きを観察し、呼吸の音を聴き、自分の頬で息を感じます(『見て、聴いて、感じて』)。このとき、顎先を拳上させている手で、片方の頸動脈(首の筋肉と気管の間にある)を触り、脈の有無を確認します。この呼吸、脈の確認は、5〜10秒の間で完了させ、時間をかけすぎないようにします。


十分な呼吸があれば、注意深く観察します。


呼吸がないとき、不十分なときは、次の手順Fに進みます。あえいでいる呼吸は、不十分な呼吸とみなします。


ただし、呼吸がないとき、不十分なときに、脈が確実にある場合は、5〜6秒ごとに手順Fで説明する人工呼吸を行い、2分ごとに脈の確認をします。



FCPRの実施

CPR(CardioPulmonary Resuscitation)は心肺蘇生法のことです。CPRは、胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸からなります。胸骨圧迫を30回行うごとに、人工呼吸を2回行います。


胸骨圧迫の手順は以下になります。
1.倒れている人の横にいく
2.平らで硬い所に横たわっているか確認する
3.胸を覆っている衣類を全て取り除く
4.自分の片方の手のひらの付け根を胸の中央、胸骨の下半分に置く
5.胸に置いた手に、もう片方の手のひらを重ねる
6.両腕を伸ばし、肩が手の真上にくるようにする
7.胸骨を圧迫し5cm以上沈ませる
8.胸骨を元の位置に戻す


胸骨圧迫のポイントは以下になります。
・手のひらの手首側で胸骨だけを圧迫する(肋骨骨折を防ぐため)
・胸骨を5cm以上沈ませる
・圧迫と圧迫の間は胸骨を完全に戻す(心臓に多くの血液を戻すため)
・1分間に少なくとも100回圧迫するペースで行う(0.6秒に1回のペース)


人工呼吸の手順は以下になります。
1.頭部後屈、顎先拳上し、気道を確保する
2.額に置いた手で、鼻をつまむ
3.倒れている人の口を、自分の唇で覆う
4.1秒で息を吹き込み、胸の動きを確認する


人工呼吸のポイントは以下になります。
・1回に1秒かけて、2回息を吹き込む
・息の吹き込みは、速すぎず、強すぎないようにする
 (息が胃に入ってしまうことで嘔吐が引き起こされるのを防ぐため)
・胸が拳上しなければ、再度気道確保を行う
・10秒以内で終了する(胸骨圧迫の中断を10秒以内にする)


口と口で行う人工呼吸は、行えないときは行わなくてもよいとされています。口と口で行う人工呼吸は、感染に対する心配や不安、パニックや手技の難しさなどによって、躊躇されることが多いようです。そのようなときは、無理して行わず、胸骨圧迫だけを行います。


また、バッグバルブマスクBVM)という、人工呼吸を行うための簡単な道具もあります。医療施設などには置いてありますので、これを利用することもできます。


このCPRでは、倒れている人が動き出すか、救急隊に引き継ぐまで、脈拍のチェックなどもせず、特別な場合(AEDを使用する、危険から逃れる、気管内挿管など)を除いて、ひたすら胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返し行います。救助者が2人以上いるときは、2分ごとに交代します。この交代は5秒以内にすませます。そのときは胸骨圧迫の回数を声を出して数え、他の救助者に回数を知らせるようにします。このように回数を知らせておくと、他の救助者が人工呼吸するとき、その準備をしやすくなります。



GAEDの使用

AED(Automated External Defibrillator)は自動体外式除細動器のことです。AEDは、心臓が心室細動という状態(不規則に小刻みにけいれんしている状態)で機能停止しているとき、心臓に強い電気ショック(除細動)を与え、正常な状態に戻すものです。


AEDの使用手順は以下になります。
1.AEDを、倒れている人の横、操作する人の横に置く
2.AEDのケースまたは蓋を開ける
3.電源を入れる
4.倒れている人の胸を裸にし、電極パッドをはる
 (一枚は右鎖骨のすぐ下側に、もう一枚は左乳頭の左側側面に貼る)
5.電極パッドのケーブルを本体に接続する
6.「心電図を解析します。患者から離れて下さい」との音声が流れる
7.周囲の人に、倒れている人から離れるよう指示する
8.「ショックが必要です。充電中です。患者から離れて下さい」との音声が流れたら、倒れている人に誰も触れていないことを確認する(『私よし、あなたよし、みんなよし』
9.「ショックボタンを押して下さい」との音声が流れたら、ショックボタンを押す
10.すぐに胸骨圧迫を開始し、CPRを再開する
 (胸骨圧迫の中断は10秒以内にする)
11.2分後にAEDが再び解析を開始する(6に戻る)


AEDの注意点は以下になります。
・電極パッドはシートから2枚同時にはがさない
 (電極パッドの粘着力は強力なので、パッド同士がくっつかないようにするため)
・電極パッドは、皮膚に密着させる
 (隙間があると火傷を起こすことがある)
・皮膚が濡れているときは、水分を拭き取る
 (皮膚が濡れていると、正しく電気ショックが心臓に伝わらない)
・ペースメーカーが埋め込まれている場合は、そこから約8cm離してパッドを貼る
・貼布薬(ニトログリセリンなど)が貼ってある場合は、はがして拭き取る
・電極と電極の間に、金属アクセサリーがないようにする
・胸毛があるためにAEDが解析できないときは、電極パッドを素早く胸毛ごとはがして、はがしたところに新しい電極パッドを貼る。それでも解析できないときは、胸毛を剃るかハサミで切り、新しいパッドを貼る
・「患者から離れて下さい」との音声が流れるまでは、ひたすらCPRを継続する


手順6以降は、基本的にAEDの音声に従います。救急隊に引き継ぐまでは、たとえ倒れている人が動き出しても、AEDの電源は切らず、電極パッドも貼ったままにしておきます。




以上がBLSの基本的な手順です。BLSを適切に行い、一人でも多くの命を救えるようになろうと思います。みなさんも、よかったら一緒にBLSで多くの命を救いましょう。(^o^)/


おわり(^^)


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 16:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 救命処置のしくみ