2012年06月05日

筋肉の痛み【運動器の痛みA】

今回は、筋肉の痛みについてです。まずは、筋肉の構造を整理していきます(図1)。


ヒトの筋肉は3つに分類され、骨格筋心筋平滑筋とよばれています。骨格筋は、腕や脚などを動かしたりするもので、一般的に“筋肉”といわれているものは、この骨格筋のことを指していると思われます。心筋は、心臓を動かしている筋肉です。平滑筋は、腸や血管などを動かしている筋肉です。骨格筋は自分の意思で収縮できますが、心筋平滑筋は自分の意思では収縮できません。『運動器』の筋肉は骨格筋でありますので、ここでの説明は骨格筋についてのものになります。


骨格筋は、筋線維とよばれる細胞と、それを包む筋膜で構成されています。筋線維の中の大部分は、筋原線維とよばれる収縮装置で占められています。骨格筋の収縮は、この筋原線維が収縮することで生じます。


筋膜には主に3種類あり、筋内膜筋周膜筋上膜とよばれています。筋内膜は、個々の筋線維を包むものです。筋線維が数十本〜数百本の束になったものを筋束といいますが、筋周膜はこの筋束を包むものです。筋上膜は、筋束が束になった筋肉全体を包むものです。


骨格筋.jpg

図1:骨格筋の構造



筋肉において、『痛み』を生じさせる侵害受容器が存在する自由神経終末は、筋膜や骨格筋内の血管壁に多く分布しています。骨格筋の侵害受容器のうち、高閾値機械受容器は主にAδ線維に、ポリモーダル受容器は主にC線維に存在していると考えらています。


骨格筋内のAδ線維の多くは、伸張などの機械的刺激に反応することが確認されており、骨格筋をストレッチしたときにしばしば感じる『痛み』は、高閾値機械受容器によって感知されたものと考えられています。


骨格筋内のC線維の多くは、圧迫やつまむといった機械的刺激や熱刺激の他に、ブラジキニン、セロトニン、カリウムイオンといった化学物質に反応することが確認されており、筋損傷時の『痛み』は、主にポリモーダル受容器によって感知されたものと考えられています。また、骨格筋内のC線維は、骨格筋の伸張や収縮によって反応することはほとんどありませんが、その中には虚血中の収縮により強い反応を示すものが存在することが確認されています。


つまり、筋肉の『痛み』は筋膜血管壁で感知され、血の巡りが悪い筋肉は『痛み』が生じやすくなると考えられます。(>_<)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.
奈良勲 監,内山靖 編:理学療法学事典,医学書院.2006.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ