2012年08月01日

痛みの悪循環A【痛みと組織損傷E】

前回、「組織損傷によって『痛み』が発生している場合は、筋肉が収縮し続けたり、筋肉が収縮しやすくなります。」と述べました。実は、この筋肉の収縮が、『痛み』の悪循環の入り口なのです。(>_<)



『痛み』により筋肉が持続的に収縮すると、その部分は血管が圧迫され、血流減少による酸素欠乏栄養障害となり、さらに乳酸の蓄積も生じ、アシドーシスとなってしまいます。アシドーシスとは、簡単にいうと、血液が酸性になってしまうことです。


すると、障害部位の細胞から、ブラジキニンをはじめとした発痛物質などが産生され、新たな『痛み』が生じます。


また、交感神経(活動時、ストレス時、緊張時に興奮する自律神経)も同時に興奮すると、血管が収縮し、さらに血流が減少してしまいます。すると、前述の血流減少による障害に拍車をかけることになり、『痛み』の悪循環に陥ってしまいます。(>_<)


さらに、『痛み』があり筋肉が持続的に収縮している状態では、関節を動かすことが困難となるため、この状態は、局所の不活動状態であるといえます。次回以降に詳しく説明しますが、不活動状態では、それ自体が『痛み』を発生させることになります。さらに、拘縮(筋肉、腱、関節包、靱帯などの軟部組織が短縮し、関節が曲がりにくくなること)や筋委縮などの機能障害の発生につながってしまいます。


以上のように、『痛み』は、一度発生すると、悪循環に陥ってしまうことがあります(図1)。したがって、『痛み』が発生したら、できるだけ早く『痛み』を取り除くことが、大切なこととなります。(^^)/


痛みの悪循環.png

図1:痛みの悪循環



つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.
小山なつ:痛みと鎮痛の基礎知識(上)基礎編,技術評論社.2010.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ
スポンサーリンク