2012年08月16日

島皮質【脳の中の痛みF】

C島皮質

島皮質は、扁桃体よりも、主要な『痛み』に関連する領域として認識されています。


島皮質は、急性痛だけでなく、慢性痛においても関与することが判明しています。


島皮質は、『痛み』の情動的側面の中心的な領域とされています。


島皮質は、情動喚起のプロセスにおいて、活動が増加することが報告されています。


島皮質は、嫌悪時に活動することが明らかにされています。


島皮質は、不快な情動体験時の際に高い活動を認めます。


島皮質は、何か不快のものを味わったとき、嗅いだとき、聞いたとき、見たとき、触ったときなど、感覚の種類に関係なく活動します。


島皮質に電気刺激を行うと、『痛み』の感覚が再現されることが明らかにされており、『痛み』に対する嫌悪感を発生させる領域として考えられています。


・恐怖、嫌悪感、怒りなどの否定的感情の想起時に、特に島皮質が活動することが明らかにされており、不快といった否定的感情に共通して関与する領域として認識されています。


島皮質は、情動的側面だけでなく、感覚的側面も有しています。


島皮質の後方は感覚野に近く、前方は前帯状回扁桃体に近いことから、後方は感覚的側面、そして前方に向かうに従って、情動的側面、認知的側面に関与することが考えられています。


島皮質は、『痛み』に対して注意を強く向けると、より活性化することが示されており、注意の度合いによって『痛み』が変調する領域として考えられています。


島皮質は、『痛み』の予期の際にも活動することが明らかになっています。


島皮質は、身体と物体との接触の予期の際にも活動することが示されており、メンタル・アロディニアへの関与が示唆されています。


島皮質は、主観的な『痛み』の感受性や耐性に影響することが報告されています。


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ