2012年12月24日

正常歩行と異常歩行【はじめに】

今回からは、歩行、歩き方について整理していこうと思います。
参考文献として『ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版』を主に使用していこうと思っています。(^^)/


歩行、とりわけ二足歩行は、私たち人間にとって不自由なく日常生活を送るうえで、なくてはならないものだと思います。さらに、ただ2本の脚で歩ければ良いというわけではなく、快適に、つまり、痛みなく疲れにくく歩けないと、社会生活に多くの支障をきたしてしまいます。


では、私たちにとって、正しい歩行、歩き方とはどのようなものなのでしょうか??


その答えの一つとして、“エネルギー消費の少ない歩行”が挙げられます。歩行の目的は“移動”ですので、できるだけ遠いところへ歩いていくためには、できるだけエネルギーを使わないようにする必要があります。


人間には、二足歩行の長い歴史から、“エネルギー消費の少ない歩行”、つまり“効率の良い歩行”が自然と身についていると思われます。私たちは、生まれてから成長する過程で、歩き方を誰かに教えられることはまずありません。気が付いたら自動的に歩いているのです。


しかし、ひとたび怪我をしたり病気を患ったりすると、“効率の良い歩行”ができなくなってしまい、“効率の悪い歩行”になってしまうことがあります。そして、その“効率の悪い歩行”が癖になると、疲れやすくなったり、痛みが出てきたりしてしまいます。


先ほど述べたように、私たちは歩き方を誰にも教えられていませんので、その疲れや痛みが“効率の悪い歩行”によるものだと気づくことはあまりなく、そう気づいたとしても“効率の良い歩行”へ修正する方法も知りません。


そこで、“効率の良い歩行”、つまり正しい歩行、歩き方がどのようなものか具体的に分かれば、“効率の悪い歩行”をどのように修正すれば良いかが分かるだろうということで、これまで多くの研究がなされてきました。そして、今では、歩行、歩き方について多くのことが解明されています。


長い人生を快適に過ごすために、この研究成果を活かさない手はありませんね。(^^)


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
スポンサーリンク