2013年02月03日

股関節痛【私の痛みM】

私の痛みについて、前回から約半年ぶりの記事になります〜(^_^;)


今日は2月3日です。


東京の銀座で、『股関節セラピー ginzaplus』の佐藤先生に姿勢や歩き方の指導を受けてから、ちょうど1年になります。


自分の股関節痛の改善に、自ら取り組み始めてから、ちょうど1年になります!!


今現在、私の股関節の痛み、、、全くありません!!(^o^)/


歩くときも、自転車に乗るときも、階段を昇るときも、あぐらをかくときも、サーフィンするときも、痛みは出ません♪(^^)v


ただ、強いて言えば、極々まれに、歩き始めのときに姿勢が定まらず、股関節に違和感が少し出るときがあります。しかし、この違和感は、歩く姿勢が定まってしまえば消えていきます。


今回からは、これまでの私の股関節痛について、痛みについて勉強した内容を交え、総括してみようと思います。(^^)/




まず、2011年11月上旬、歩くとき、右足を踏み切るときに、右の股関節に痛みが出るようになりました。どうして痛みが出るようになったのでしょうか??(>_<)


これまでの私の取り組みの結果から考えて、この痛みの発生源は、筋肉です。筋肉が痛みを発生させているのです。では、筋肉が痛みを発生させた原因、きっかけは何だったのでしょうか??


はっきりした原因は分かりませんが、私のからだには次の3つの悪条件がありました。
@悪い姿勢、歩き方をしていた
A筋肉がすでに相当のダメージを負っていた
B37歳という年齢


@悪い姿勢、歩き方をしていた

私は、約16年半前の1995年5月に、交通事故に遭っています。このとき、右の股関節の脱臼骨折、右の脛骨(すねの骨)の粉砕骨折を受傷しました。病院で3週間ベッドで寝たきりの生活を送り、退院後しばらくは右脚をかばいながら歩いていました。その後、誰かに歩き方を教わることもなく、自己流で歩いていました。(^_^;)


A筋肉がすでに相当のダメージを負っていた

実は、痛みが出る2週間ほど前、人生初のハーフマラソンに出場しました。ハーフマラソンでは約21km走ります。本番の2ヶ月ほど前から、少しずつ走る練習をしていましたが、練習で走る距離は長くても7kmぐらいでした。それ以前は、走ることはほとんどしていませんでした。つまり、脚の筋肉を、急激に酷使していたのです。(>_<)


B37歳という年齢

年齢が30代に入ると、からだの全ての機能が徐々に低下していきます。20代では傷めたところがすぐに治っても、30代ではすぐには治らなくなります。自己治癒力が低下していきます。



この3つの悪条件が重なって、筋肉が痛みを出さざるを得なかったのだと思います。(>_<)


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み
スポンサーリンク