2013年02月16日

股関節痛【私の痛みR】

今回も前回に引き続き、私の股関節痛の総括です。(^^)/


私の股関節の痛みは、これまでの経過から、主に腸腰筋、長内転筋に原因があると思われます。今では痛みが全くないのですが、この2つの筋肉の状態には違いがあります。それを次の表にまとめてみました。


筋の状態表.jpg

表1:筋肉の治療前と現在の状態



この表の『伸張性』とはストレッチをしたときの柔らかさで、『硬さ』とは仰向けで寝ているときにその筋肉を押してみた感じです。


この表から、腸腰筋も長内転筋も、痛みがあったときもなくなったときも、伸張性や硬さという筋肉の状態は、何も変わっていないことがわかります。


伸張性については、腸腰筋は良いままで、長内転筋は悪いまま。硬さについては、いずれも硬いままです。


普通、痛みがなくなった筋肉は、『伸張性』、『硬さ』とも改善されているようなイメージがありますが、私の筋肉はそのようになっていません。


なぜこのようなことになっているのでしょうか??


まず、長引く運動器の痛みについておさらいしておきます。長引く運動器の痛みは、筋肉に原因があることが多く、その筋肉は硬くこわばっていることがほとんどです。


筋肉は、以前解説したように(筋肉の痛み【運動器の痛みA】)、筋肉の収縮装置が含まれている筋線維とよばれる細胞と、それを包んでいる筋膜でできています。長引く運動器の痛みに関係している筋肉のこわばりは、この筋線維で起こるものです。


筋肉のこわばりというのは、筋肉(筋線維)が過剰に収縮している(縮こまっている)状態で、この状態が続くと、筋肉への血流障害が生じます。


すると、筋肉は酸素不足や栄養不足に陥り、その部分から発痛物質が産生され、その発痛物質を痛みセンサーである侵害受容器が感受し、痛みが発生します。


そして、痛みが発生していると、筋肉は収縮しやすくなり、こわばり続け、痛みが長引くこととなります。(ちなみに、いわゆる“肩こり”は、この筋肉のこわばりが肩で生じているものだと思われます)


つまり、痛みの原因は、筋肉の酸素不足や栄養不足であり、それは血流障害によって引き起こされます。


したがって、筋肉の血流障害さえ改善されれば、痛みはなくなるのです。


このことから、痛みの改善と、筋肉の『伸張性』や『硬さ』は、関係がないことが分かります。伸張性が悪くても、硬さが硬くても、血流障害さえ改善されれば、痛みはなくなります。私の痛みがなくなっても、筋肉の『伸張性』や『硬さ』が変化していないということは、こういうことだと思われます。


「ストレッチをして体を柔らかくすることと、痛みが改善することとは、直接的には関係ない。」ということです。


ちなみに、この記事での『硬さ』とは、筋線維の硬さと筋膜の硬さを合わせたものです。硬いということは、筋肉がこわばっている可能性はあるということです。


私の腸腰筋や長内転筋は、痛みがなくなっても硬いままなので、筋肉のこわばりは続いている可能性があります。しかし、筋肉の血流状態が、痛みが出るほどではない状態にまで改善されているため、痛みは出ていないのだと思われます。したがって、まだ痛みが出やすい状態が続いている可能性はあります。(^_^;)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション.三輪書店,2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み