2013年05月19日

推進力の生成E【歩行の基本G】

3.フォアフットロッカーA


前々回説明したアンクロッカーは、中足骨頭が床に着くことで始まり、踵が持ち上がることで終わります。


前回説明した体重ベクトルは、アンクルロッカーが生じているとき、踵から前方へ移動してきます。


フォアフットロッカー.JPG
図1:フォアフットロッカー



そして、体重ベクトル中足骨頭に達すると、踵が持ち上がっていきます。つまり、中足骨頭を支点として、脚が前方へ回転していきます。これを、フォアフットロッカー(前足部ロッカー)といい、アンクルロッカーに続いて生じます(図1)。


フォアフットロッカーで踵が持ち上がり始めると、身体は前方へ落下し始めます。このとき、身体の前進は加速されます。この加速は、歩行の中で、最も大きな推進力となります。またこのとき、重心は最も高い位置にあります。


この推進力は、重力による身体の落下(位置エネルギー)と、前方に振り出されている反対側の脚の運動量(運動エネルギー)によるものです。


フォアフットロッカー筋.JPG
図2:ヒラメ筋と腓腹筋



フォアフットロッカーでは、ヒラメ筋腓腹筋という筋肉が重要な働きをします(図2)。


腓腹筋は、大腿骨と踵を結ぶ筋肉です。


フォアフットロッカーが生じているとき、ヒラメ筋腓腹筋は、足関節を固定する役目を果たしています。


フォアフットロッカー筋なし.JPG
図3:ヒラメ筋と腓腹筋が働かない場合のフォアフットロッカー

※ヒラメ筋と腓腹筋が働かない場合、アンクルロッカーも適切に行われなくなる。
そのため、フォアフットロッカー開始時の脚の姿勢は通常とは異なる。



ヒラメ筋腓腹筋が働かないと、足関節が過度に背屈してしまいます(反ってしまいます)。そうなると、適切に踵が持ち上がらなくなり、フォアフットロッカーの利点が失われてしまいます(図3)。


また、重心も低くなってしまい、様々な悪影響が出てしまう歩き方となってしまいます。


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ