2014年01月05日

衝撃の吸収A【歩行の基本L】

1.歩行時の衝撃の吸収

私たちが何気なく行っている歩行ですが、足が床に着くとき、毎回大きな衝撃が身体に加わっています。


私たちが歩いているとき、通常は踵から床に着きますが、このとき踵は約1cmほどの高さから床に落下しています。そして、身体に大きな衝撃が加わります。


私たちの身体には、この衝撃から身を守るために、「衝撃の吸収」のために、いくつかの仕掛けが備わっているのです。


つまり、私たちの身体には、床に接地するときにかかる体重という力を、時間をかけて受け止めるしくみが備わっているのです。


この「衝撃の吸収」は、主に足関節、膝関節、股関節で行われます。どのように行われるかというと、長い時間をかけて関節の動きを止めることで行われます。


これを可能にしているのは、それぞれの関節の周囲にある筋肉の働きです。この関節の動きや、筋肉の働きが悪いと、身体にとってダメージの大きい歩き方になってしまいます。


次回は、足関節での衝撃の吸収について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
小出昭一郎,阿部龍蔵,他:詳説 物理.三省堂,1988.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ