2014年01月14日

衝撃の吸収C【歩行の基本N】

3.膝関節での衝撃の吸収

膝関節衝撃吸収.jpg
図1:踵接地時の膝関節の屈曲



私たちは歩くとき、通常は踵から床に足が着きます(図1-a)。このとき、ヒールロッカーというしくみが働き、脛骨が前方へ転がっていきます。すると、自然と膝関節が屈曲していく(曲がっていく)ようになります(図1-b)。


膝関節は、踵が床に着くときは約5°屈曲しており、足底が床に着いたときは約20°屈曲しています。足底が床に着くと屈曲は止まり、その後は伸展していきます(伸びていく)。


この膝関節が約15°屈曲している間に、衝撃の吸収が行われています。


足関節での衝撃の吸収のときと同様に、この膝関節の屈曲は、適切な量、適切な時間をかけて行われなければ、衝撃吸収の効果が薄れたり、正しい歩き方を保てなくなったりしてしまいます。


膝関節屈曲の量が小さかったり、底屈する時間が短かったりすると、衝撃を十分に吸収できず、膝関節などに大きな力が加わり、身体を損傷してしまいます。


膝関節屈曲の量が大きいと、衝撃を吸収している途中で身体が落下していき、前進が困難となってしまいます。



膝関節衝撃吸収筋肉.jpg
図2:大腿四頭筋の働き



この膝関節の屈曲をコントロールしているのが、大腿四頭筋です(図2-a)。


この大腿四頭筋は、踵が床に着いた直後から足底が床に着くまでの、膝関節が屈曲していく間、筋肉自体が伸ばされながら力を発揮していきます(図2-b)。


つまり、大腿四頭筋が、適切な遠心性収縮をすることで、膝関節の屈曲をコントロールしています。


そして、大腿四頭筋が、時間をかけて膝関節の屈曲を止めることにより、衝撃を吸収するのです。


以上のことから、膝関節での衝撃の吸収は、大腿四頭筋の働きが重要であることが分かります



以上のしくみで、膝関節での衝撃の吸収は行われています。次回は、股関節での衝撃の吸収について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ