2014年02月02日

エネルギーの温存A【歩行の基本Q】

1.重心移動の最小化:身体の重心の移動を最小限に抑える

私たちが歩くとき、身体の重心は当然ながら進行方向へ移動していきます。


前回、私たちはエネルギーを温存するために重心の移動を最小にしていると紹介しましたが、この進行方向への重心の移動は、それが歩行の目的ですので、それを最小化する必要はありません。


上下の重心移動.jpg
図1:上下の重心移動


左右の重心移動1.jpg
図2:左右の重心移動


左右の重心移動2.jpg
図3:左右の重心移動



実は歩くとき、重心は進行方向だけでなく、上下左右にも移動しているのです。二足歩行を行う場合、必ずこの重心の移動が生じます(図1〜3)。


図1〜3は、2本の棒をヒトの脚に見立てて、その棒が歩いているときの図です。水色の棒は右脚、オレンジ色の棒は左脚です。



図1は、棒が歩いているところを横から見たものです。青色の棒は片脚立ちになって左右の棒が重なっている状態を表しています。


骨盤の高さを注目して見ると、歩いているときにその高さが上下しているのが分かります。つまり、重心が上下に移動しているのが分かります。



図2は、棒が歩いているところを正面から見たものです。骨盤の中央にある円は重心です。その重心から下に伸びている緑色の矢印は重心線です。


物体が転倒しないためには、重心線が、物体が床に接している範囲内に収まっていなければなりません。この物体が床に接している範囲は、支持基底面といいます。


支持基底面2.jpg
図4:重心線と支持基底面と転倒



図4は、重心線支持基底面と転倒の関係を示したものです。オレンジ色の部分が支持基底面です。


図4-aとbは、重心線支持基底面の中に収まっているので、転倒しません。


図4-cは、重心線支持基底面から外れてしまっているため、図4-dのように転倒してしまいます。


しかし、図4-cに図のように支柱(紫色の長方形)を設置すると(図4-c')、支持基底面が広くなります。すると、重心線支持基底面の中に収まり、転倒しなくなります。


重心線支持基底面と転倒の関係は、このようになっています。



支持基底面.jpg
図5:歩行時の支持基底面



歩いているときの支持基底面は、片脚立ちになっているときはその足が床に着いている範囲となり、両脚が床に着いているときは両足を含めたその間の範囲です(図5)。


図5は、歩いているときの足跡を上から見た図です。図5-aは片脚立ちになっているとき、図5-bは両脚が床に着いているときのものです。それぞれの図の、左側の水色(右足)とオレンジ色(左足)の部分は足跡で、右側の緑色の部分は支持基底面を表しています。


歩いているときに転倒しないようにするためには、重心線支持基底面内に収めないといけません。


そのため、片脚立ちになっているときは、支持基底面であるその足が床に着いている範囲に重心線を収めないとならなく、重心をその足の方へ移動させなければなりません。


図3は、歩いているときの、両脚が床に着いているときと、片脚立ちになっているときを、重ねたものです。この図から、重心が左右に移動しているのが分かります。



以上のように、二足歩行を行うとき、重心が上下左右に移動していることが分かります。


しかし私たちは、この上下左右の重心の移動が最小となるよう、絶妙な工夫を自然と行っているのです!その工夫は次になります。


【下への重心移動を最小にする工夫】
 a.水平面での骨盤の回旋
 b.矢状面での足関節の運動

【上への重心移動を最小にする工夫】
 c.矢状面での膝関節の屈曲
 d.前額面での骨盤の回旋

【左右への重心移動を最小にする工夫】
 e.素早い脚の振り出し


ここで、水平面、矢状面、前額面という言葉が出てきていますが、これらは簡単に言うと次のようなことです。

水平面:身体を上から見た面
矢状面:身体を横から見た面
前額面:身体を前から見た面


次回からは、正しい歩き方に必要なそれぞれの工夫について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.
中村隆一,齋藤宏,長崎浩:基礎運動学 第6版,医歯薬出版.2003.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ

2014年02月04日

エネルギーの温存B【歩行の基本R】

a.水平面での骨盤の回旋

上下の重心移動.jpg
図1:上下の重心移動



前回、二足歩行を行っているときは、重心が上下に移動していることを説明しました(図1)。しかし私たちは、下への重心移動を最小にする工夫として、「水平面での骨盤の回旋」を行っていると述べました。今回は、これについて説明します。(^^)/


骨盤の回旋1.jpg
図2:水平面での骨盤の回旋



実は、私たちは歩くとき、骨盤を回しながら歩いています(図2)。図2は、歩いているところを上から見た図です。この図2のように、例えば左脚を振り出すときは、骨盤の左側も前方へ動いているのです。


このような歩き方は、重心の下への移動を小さくすることができるのです。


骨盤の回旋2.jpg
図3:水平面での骨盤の回旋



図3は、図2の骨盤の回旋を行いながら、図1と同じ歩幅で歩いているものです。


骨盤の回旋3.jpg
図4:水平面での骨盤の回旋による上下の重心移動



図4は、図3に図1を重ねたものです。骨盤の高さに注目すると、骨盤を回旋したときの高さ(赤い横線)が、図1のときの高さ(下の緑の横線)より高くなっています。つまり、重心の下への移動を小さくできているのです。


これは次の理由のためです。同じ歩幅で歩こうとするとき、骨盤を回旋させると、骨盤の長さの分だけ歩幅をかせぐことができできます。すると、両脚の傾きを小さくできるので、その分だけ骨盤の沈み込みを小さくできます。その結果、重心の下への移動が小さくなるのです。


私たちはこのように、骨盤を回旋して下への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。


次回は、もう一つの下への重心移動を最小にする工夫、「矢状面での足関節の運動」について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ

2014年02月08日

エネルギーの温存C【歩行の基本S】

b.矢状面での足関節の運動

歩いているときの下への重心移動を最小にするための工夫に、「矢状面での足関節の運動」があります。


足.jpg
図1:“足”



私たちの脚は、棒の先端のようになっているのではなく、足関節を介して“足”が付いています(図1)。この“足”は、足関節から前にも後ろにも広がっています。


脚の長さの変化.jpg
図2:足関節の運動による“脚”の長さの変化



私たちは、この“足”によって、“脚”を機能的に長くすることができるのです。つま先を上げると、踵の長さの分だけ長くなります(図2-b)。つま先を下げると、つま先の分だけ長くなります(図2-c)。このつま先の上げ下げは、足関節の運動で行われます。


歩行時の足関節運動1.jpg
図3:矢状面での足関節の運動


歩行時の足関節運動2.jpg
図4:矢状面での足関節の運動



実は、私たちが歩くときはこの足関節の運動が行われており、“脚”の長さを変化させながら歩いているのです(図3、4)。


この足関節の運動により、重心の高さが低くなるときに脚の長さを長くして、重心の下への移動を小さくしています。


私たちはこのように、足関節を運動させて下への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。


歩行時の足関節運動3.jpg
図5:歩行時の下への重心移動を最小にする工夫


歩行時の足関節運動4.jpg
図6:歩行時の下への重心移動を最小にする工夫



図5は、次の歩き方を横に並べたものです。

a:重心移動を最小にする工夫をしていない歩き方
b:水平面での骨盤の回旋を加えた歩き方
c:bに矢状面での足関節の運動を加えた歩き方


骨盤の高さに注目すると、cの高さ(赤い横線)が最も高くなっています。つまり、「水平面での骨盤の回旋」と、「矢状面での足関節の運動」によって、重心の下への移動を最も小さくできているのです。図6は、図5-a〜cを重ねたものです。



以上のように、「水平面での骨盤の回旋」と、「矢状面での足関節の運動」によって、歩くときの重心の下への移動を最小にしているのです。(^^)/


次回は、歩いているときの上への重心移動を最小にする工夫、「矢状面での膝関節の屈曲」について説明していきます。


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ

2014年02月09日

エネルギーの温存D【歩行の基本21】

c.矢状面での膝関節の屈曲

上下の重心移動.jpg
図1:上下の重心移動



歩いているときは重心が上下に移動していますが(図1)、上への重心移動を最小にするための工夫として、「矢状面での膝関節の屈曲」があります。


棒が歩いているときに重心が最も高くなるときは、片脚立ちになって垂直になるときです。


歩行時の膝関節屈曲.jpg
図2:矢状面での膝関節の屈曲



私たちが歩くときも、このときに膝関節が完全伸展位(0°)のとき、つまり膝が真っ直ぐなときが、もっとも重心が高くなります(図2-a)。


実は、私たちは、この重心が最も高くなるとき、膝関節を少しだけ曲げているのです(図2-b)。


骨盤の高さに注目すると、膝関節を屈曲したときの高さ(赤い横線)が、屈曲していないときの高さ(緑の横線)より低くなっています。つまり、重心の上への移動を小さくできているのです。


私たちはこのように、膝関節を屈曲して上への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。


次回は、もう一つの上への重心移動を最小にする工夫、「前額面での骨盤の回旋」について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ

2014年02月10日

エネルギーの温存E【歩行の基本22】

d.前額面での骨盤の回旋

歩いているときの上への重心移動を最小にするための工夫に、「前額面での骨盤の回旋」があります。


前額面の骨盤回旋.jpg
図1:前額面での骨盤の回旋



図1は、歩いているときの重心が最も高くなっているときを、正面から見た図です。


実は、私たちは、この重心が最も高くなるとき、骨盤を少しだけ回旋させているのです(図1-b)。


重心の高さに注目すると、骨盤を回旋させたときの高さ(赤い横線)が、回旋させていないときの高さ(緑の横線)より低くなっています。つまり、重心の上への移動を小さくできているのです。


私たちはこのように、骨盤を回旋させて上への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。



歩行時の上の重心移動.jpg
図2:歩行時の上への重心移動を最小にする工夫



図2は、次の歩き方を横に並べたものです。

a:重心移動を最小にする工夫をしていない歩き方
b:矢状面での膝関節の屈曲を加えた歩き方
c:bに前額面での骨盤の回旋を加えた歩き方


骨盤の高さに注目すると、cの高さ(赤い横線)が最も低くなっています。つまり、「矢状面での膝関節の屈曲」と、「前額面での骨盤の回旋」によって、重心の上への移動を最も小さくできているのです。



以上のように、「矢状面での膝関節の屈曲」と、「前額面での骨盤の回旋」によって、歩くときの重心の上への移動を最小にしているのです。(^^)/


次回は、歩行時の上下の重心移動を最小にする工夫についてまとめます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ