2014年02月04日

エネルギーの温存B【歩行の基本R】

a.水平面での骨盤の回旋

上下の重心移動.jpg
図1:上下の重心移動



前回、二足歩行を行っているときは、重心が上下に移動していることを説明しました(図1)。しかし私たちは、下への重心移動を最小にする工夫として、「水平面での骨盤の回旋」を行っていると述べました。今回は、これについて説明します。(^^)/


骨盤の回旋1.jpg
図2:水平面での骨盤の回旋



実は、私たちは歩くとき、骨盤を回しながら歩いています(図2)。図2は、歩いているところを上から見た図です。この図2のように、例えば左脚を振り出すときは、骨盤の左側も前方へ動いているのです。


このような歩き方は、重心の下への移動を小さくすることができるのです。


骨盤の回旋2.jpg
図3:水平面での骨盤の回旋



図3は、図2の骨盤の回旋を行いながら、図1と同じ歩幅で歩いているものです。


骨盤の回旋3.jpg
図4:水平面での骨盤の回旋による上下の重心移動



図4は、図3に図1を重ねたものです。骨盤の高さに注目すると、骨盤を回旋したときの高さ(赤い横線)が、図1のときの高さ(下の緑の横線)より高くなっています。つまり、重心の下への移動を小さくできているのです。


これは次の理由のためです。同じ歩幅で歩こうとするとき、骨盤を回旋させると、骨盤の長さの分だけ歩幅をかせぐことができできます。すると、両脚の傾きを小さくできるので、その分だけ骨盤の沈み込みを小さくできます。その結果、重心の下への移動が小さくなるのです。


私たちはこのように、骨盤を回旋して下への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。


次回は、もう一つの下への重心移動を最小にする工夫、「矢状面での足関節の運動」について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ