2014年07月13日

バランスと力任せ【猫背(円背)のしくみB】

今回は、『猫背』から少し離れた話になります。


ほうき.JPG
図1:ほうきを逆さに立てる


図1は、手を使ってほうきを逆さに立てようとしているところで、図1-aは手のひらに載せる方法、図1-bは手で握る方法です。


「ずっと逆さに立てていて下さい」と命令されたら、どちらの方法を取りますか??


おそらく全ての人が、図1-bの方法を取るのではないでしょうか?aとbで何が違うのか、見ていきましょう。


図1-aは、手のひらにほうきの柄の先端を載せて、倒れないようにバランスを取っています。様々な筋肉に微妙な力を入れたり抜いたりして、腕や、場合によっては身体全体を随時動かしている状態です。


図1-bは、ほうきの柄をしっかり握っています。握るために必要な筋肉にだけしっかり力を入れて、腕や身体は動かず固まっている状態です。



整理すると、

図1-a:たくさんの筋肉、小さい力、力を入れたり抜いたり、随時動く、複雑

図1-b:少ない筋肉、大きな力、力を入れっぱなし、動かず固まる、単純


このような違いがあります。



筋肉に入れている力の量について比較すると、「大きな力を入れっぱなし」な図1-bの方が多いですよね。つまり、筋肉の疲れは図1-aの方が小さく、図1-bの方が大きい。


しかし、ほとんどの人は、筋肉の疲れの大きい図1-bの方法を取ります。なぜでしょうか??



それは、図1-aの方法は、“筋肉の疲れ”以外の疲れが大きいからです


図1-aは、筋肉に力を入れたり抜いたりしていますが、これは神経の働きによるものです。神経が働くためには、筋肉に力が入るのと同様に、エネルギーが必要です。


たくさんの筋肉について、ある筋肉には力を入れて、ある筋肉の力は抜いて、そして次の瞬間にはまた逆のことをして、、、ということを行おうとすると、たくさんの神経の働きが必要で、神経は疲れていきます。


つまり、図1-aの方法は、“筋肉の疲れ”以外に、“神経の疲れ”が大きいのです。


そして、疲れの合計としては、図1-aの方が図1-bよりも大きいので、ほとんどの人は図1-bの方法を選ぶのです。



直感的に言えば、

図1-a:面倒くさい!!
図1-b:簡単♪♪


ということになります。



以上のように、一般的に、バランスを取ることよりも、力を入れっぱなしの方が、“楽”で“簡単”なのです!!


つづく・・・


〈主な参考文献〉
中村隆一,齋藤宏,長崎浩:基礎運動学 第6版,医歯薬出版.2003.
中野昭一 編:図解生理学 第2版,医学書院.2000.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 姿勢のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101650681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック