2012年04月03日

痛み経路の概略【痛みの経路@】

『痛み』は嫌なものですよね。『痛み』があると、何もする気になれなくなってしまいます。生きているのが嫌になってしまいます。(>_<)


『痛み』はどのようにして生じるのでしょうか?


大雑把に言えば、身体が傷つき、それを脳(大脳)が感じることで、『痛み』が生じます。


もう少し詳しくみてみると、末梢の組織(皮膚、筋、内臓など)にある痛みの受容器(センサーのようなもの)が身体の損傷を感知し、その刺激が神経を伝って大脳にたどり着くと、『痛い』という感覚が生じます(『痛み』が生じる)。


さらに、『痛み』を末梢の組織から大脳に伝える神経は、1本だけで末梢の組織から大脳に繋がっているのではなく、2つの中継点を経由して3本の神経で繋がっています。


痛み神経概略図.png



上の図のように、その中継点は『脊髄』と『視床』にあります。神経は1つの細胞であり、神経細胞を英語ではneuron(ニューロン)といいます。末梢から大脳までの神経を順に、『一次侵害受容ニューロン』、『二次侵害受容ニューロン』、『三次侵害受容ニューロン』といいます。


では、次回からは、それぞれのニューロンの特徴についてみていきましょう。


つづく・・・


〈主な参考文献〉松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54776795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク