2012年05月04日

股関節痛【私の痛みE】

東京で治療を受け、名古屋に帰ってきてからは、佐藤先生に教えられたことを忠実に守っていきました。指導された立ち方や歩き方を常に意識し、凝り固まっている股関節周囲の筋肉を、自分で揉んだり押さえたり、ときにはストレッチをしたりしてほぐしていきました。


すると、痛みは少しずつ軽くなり、歩いているときの痛みはなくなっていきました!正確には、痛みが出るときもあれば、痛みがでないときもあり、それを日々繰り返しながら、全体としては痛みがなくなっていくといった感じです。


2012年3月に入って、ためしにロキソニンを飲むことを止めてみました。嬉しいことに、痛みが強くなることはありませんでした♪「ホントに半年で痛みがなくなるかも!(^^)」。どんよりしがちだった私の気分も、少しずつ晴れやかになっていきました。


ただ、痛みはなくなっていったのですが、歩いているとき、特に歩き始めですが、脚腰に頼りなさを感じていました。例えて言うなら、右脚と身体がしっかり繋がっていないような感じ。このためか、速く歩くことはできませんでした。どうもギクシャクした感じ・・・。「教えたもらった通りに歩いているんだけどな〜。何か間違っているのかな・・・。(?_?)」


再度佐藤先生に教えを請うために、3月30日に大阪(出張セラピー)で治療を受けました。そこでの佐藤先生のお話をまとめると、どうやら私の歩き方は、歩いている姿勢(見た目の形)は悪くなかったのですが、筋肉の使い方が良くなかったようでした。お尻の筋肉、大殿筋とよばれる筋肉を十分に使えていなかったようです。前回の治療でも大殿筋をよく使うように指導されていたのですが、使い方を若干間違っていたようです・・・。


佐藤先生は、大殿筋をしっかり使えるように、骨盤の運動を利用したエクササイズを教えてくれました。そのエクササイズをその場でやってみると、まったく上手くできませんでした(>_<)。大殿筋を使えていない証拠です・・・。佐藤先生もこの運動は、最初は上手くできなかったとのことで、練習をしてようやくできるようになったそうです。


大阪から名古屋への帰り道、教えてもらったことを意識して、大殿筋に少し力を入れながら歩きました。教えてもらう前より、なんとなくしっかり歩けている感じがありました。少し右脚と身体が繋がったような気がしました(笑)。


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55658075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク