2012年05月04日

股関節痛【私の痛みF】

骨盤の運動、暇をみつけては行っていました。1週間ほどでコツが分かってきました。最初は壁に手をついてなんとか出来ていましたが、慣れてくると手ぶらでも出来るようになりました。それとともに、大殿筋を使ってしっかり歩くことも出来るようになり、以前に感じていた“ギクシャクした感じ”はなくなっていきました♪早歩きもできるようになり、痛みもさらに軽くなっていきました。(^^)


「それにしても、なぜ大殿筋を使うと痛みが軽くなり、しっかり歩けるようになったのだろうか・・・?」私は理学療法士として2年間働いてきましたが、答えが出ません(>_<)。私の友人が勤めている病院に『平針かとう整形外科』という病院があります。ここでのリハビリテーションは、ある一部の障害に対しても、身体全体を診ていく(例えば、肩に痛みがある場合でも、下半身の姿勢も診ていく)方針で治療を行っており、多くの成果を上げています。4月5日、このリハビリテーション科の長である理学療法士の岡西先生にお話を聞く機会がありました。

岡西先生:
「例えば、ある仕事を4人で行うとしましょう。4人でやっとカバーできる仕事です。ここで、1人が何らかの事情で働けなくなってしまうとしましょう。すると、残りの3人で仕事をカバーしないといけなくなり、それぞれの負担が大きくなってしまいます。やがてその3人の誰かが疲労で身体を壊してしまいます。そうなると、仕事が滞ってしまいます。あなたの股関節ではこういうことが起きていたのではないでしょうか?」

私:
「なるほど!大殿筋が働けなくなってしまい、その他の股関節の筋肉に大きな負担がかかり、筋肉を傷めたり、正しい歩き方ができなくなったりして、股関節を痛めてしまったというストーリーが考えられるんですね。」


岡西先生のお話を聞いて、健康にとっての正しい姿勢、歩き方のヒントは、ここにあるのだと感じました。自分の知識不足や思考能力不足を痛感しました(>_<)。岡西先生には感謝感謝です♪


『平針かとう整形外科』
http://www.h-k-seikei.jp/index.php

『平針かとう整形外科 リハビリテーション』
http://www.h-k-seikei.jp/rehabilitation.html


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痛み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55661945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック