2012年05月22日

股関節痛【私の痛みH】

大学病院の医師に言われたことは気にしないようにしました。医師の言うことが絶対に正しいというわけではないことは知っていましたし、その医師の言うとおりになって欲しくないとの希望的観測から、その医師の言葉を信じないようにしました。事実、その医師の言う通りの痛みは出ていないですし・・・(^^)v


数日後、私はある本を読んでみることにしました。それは、『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』というタイトルの本です。




これは整形外科専門医である加茂淳先生が書いたものです。この本では、腰痛などの筋骨格系の痛みのほとんどは、骨などの変形が原因の痛みではなく、筋肉の痛みである、ということが書かれています。筋骨格系とは、人体を構成する、骨、筋肉、腱、靱帯、関節、軟骨などのことです。加茂先生は、石川県の小松市で『加茂整形外科医院』を開業しており、今年で30年になります。


今回の股関節痛で大学病院を受診する前に、その痛みの正体を知ろうと、インターネットで様々なページを見ていきました。そのページの一つ、『筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会』に加茂先生のお名前が載っていました。その後、3月10日に『股関節セラピー ginzaplus』の佐藤先生が開催した『股関節セミナー』という勉強会に参加したとき、『加茂整形外科医院』の話題が出ました。そのとき、『筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会』のことを思い出しました。そして、『加茂整形外科医院』のことを知りたくなり、そのホームページや加茂先生のブログを通して、この本を知りました。大学病院の医師の宣告に少なからずショックを受けていた私は、癒しを求めてこの本を読むことにしました('_')。


私はこの本を読んで、加茂先生が訴えようとしていることは、「手術をする前に、痛みの原因は筋肉にあるかもしれない、ということを知って欲しい!」ということだと感じました。そして、「筋肉の痛みは手術をせずに消すことができる」と加茂先生は述べています。


この本に書いてあることは、私にとってうなずけることばかりでした♪私が職場で担当させていただいている患者さんにも、手術をしても痛みがとれない方や、逆に痛みが強くなったり新たな痛みが生じたりした方がいらっしゃいます。


それぞれの方の事情により異なるとは思いますが、手術は最終手段だと捉えた方が良いと思います。一度手術をすると、元には戻せません。痛みは目で見えないので、検査をしても本当の原因は分かりません。痛みに対する医師の診断は、あくまで推測であります。


私の痛みにとって、加茂先生の理論、この本は、とても大きな支えとなりました。おかげで、大学病院の医師の言葉は、私の中でとても小さいものになっていきました。ただ、その医師の私の股関節の構造に対する解説は間違っていないと思うので、そのことは頭の片隅に置いてあります。


ということで、私はこれまで通り、筋肉のお手入れと、姿勢の修正をせっせと行っています。(^^)


『加茂整形外科医院』ホームページ
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

加茂先生のブログ
http://junk2004.exblog.jp/

『筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会』ホームページ
http://www.jmps.jp/


ちなみに、私の父は腰痛持ちで、病院で『腰椎すべり症』と診断されています。なかなか腰痛の治らない父に、この本『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』をプレゼントしてあげました。(^^)


つづく・・・


Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 私の痛み
この記事へのコメント
はじめまして

私の場合も
整形外科医のいうことは信用できません

整形外科医は骨折など、骨をくっつければ治ったと思ってるけど、
実際治るとは患者さんの違和感がなくなるまでですから、整形外科医の言うことは当てになりません

整形外科医は筋肉の損傷や神経の損傷などは知識がないと思います

理学療法士のほうが筋肉のプロ、というか筋肉に詳しいのではないでしょうか?
Posted by るる at 2012年09月03日 13:19
中には加茂先生のようにMPSに詳しい方もいるのですが、ごく少数です
Posted by るる at 2012年09月03日 13:20
to るるさん
はじめまして、コメントありがとうございます(^^)/

るるさんの言うとおり、『治る』とは、患者さんの違和感がなくなることだと思います!

確かに、整形外科のドクターは、筋肉の痛みについて、詳しくはないような気がします・・・。かと言って、理学療法士の方が詳しいかというと、そうでもありません(>_<)。理学療法士の養成校での教育は、基本的に西洋医学、医師の教育に沿って行われているので、医師が筋肉の痛みの教育を詳しく受けていないように、理学療法士もそのような教育は受けていません。

ですので、筋肉の痛みについての知識は、理学療法士も医師と同様に、臨床に出てからの各個人の興味の度合いにかかっています。

加茂先生が訴えられているように、学校教育を見直さない限り、筋肉の痛みの知識は、急には広がっていかないように思えます(>_<)。

私は、加茂先生が訴えられていることは、私の少ない治療経験からではありますが、ほとんど正しいと感じています。

ただ、私はまだまだ勉強不足でありますので、加茂先生の訴えが全て正しいかどうかは判断できません・・・(>_<)。

これからも加茂先生の訴えを参考にしながら、治療にあたっていきたいと思っています。(^^)/

またご意見やご指摘などありましたら、よろしくお願いします!
Posted by ふなこしのりひろ at 2012年09月05日 23:48
私も股関節に違和感がありまして
血管に造影剤を注射して検査したのですが、異常はなく、(自分では股関節唇だと思っていました)
太ももの付け根から膝の上までだるさがあり、原因不明で悩んでいます

私は今まで腕のいい整形外科医に巡り会ったことがなく(涙)

銀座セラピーの佐藤先生に行くしかないなあと思っています

その分野では有名な九州の先生も股関節唇の手術をしても手術するだけ手術して、予後が悪いと人工股関節だね、と他の医者に丸投げして見捨てられた患者さんもいます

すぐに手術とか人工股関節とかいう整形外科医はロクな先生じゃないですよね!

もう自分も理学療法士の先生か、鍼か整体でしか治らないと思ってます

整形外科は痛み止めと湿布しかくれないので
私は信用できません
Posted by るる at 2012年09月07日 09:36
to るるさん
コメントありがとうございます!お返事が遅くなってすみません。m(__)m

るるさんも股関節に違和感を感じてらっしゃるのですね。。。るるさんも感じているように、手術はできるだけ控えた方がいいと思います。

違和感や痛みは、X線写真などの画像検査によって原因が確実にわかるわけではありません。医師はその検査結果を元に手術を行いますが、手術をしても違和感や痛みが治らないのはこのためです。

私のように、画像検査で股関節に大きな異常が認められていても、手術をせずに痛みがなくなることはよくあることだと思います。(^^)/

とにかく、手術をすると元には戻せないので、できるだけ手術以外の治療を試みた方がいいと思います!佐藤先生に診てもらうのもいいと思います!お互い、違和感や痛みと上手に付き合っていきましょう〜♪

またコメントをいただけることを楽しみにしています。(^^)/
Posted by ふなこしのりひろ at 2012年09月13日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56003991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック