2012年06月03日

皮膚の痛み【運動器の痛み@】

骨、関節、骨格筋、末梢神経など、身体運動に関わる末梢組織を総称して『運動器』といいます。厚生労働省が行っている国民生活基礎調査の2010年の有訴者率をみると、男性の第1位は『腰痛』、第2位は『肩こり』、第5位は『手足の関節の痛み』、女性の第1位は『肩こり』、第2位は『腰痛』、第3位は『手足の関節の痛み』となっており、多くの国民が『運動器』の痛みを訴えていることがわかります。そこで、『運動器』の痛みについて整理していこうと思います。今回は皮膚の痛みについてです。


まず、皮膚の構造について整理していきます(図1)。皮膚は、その表層から順に、表皮真皮皮下組織に区分されます。さらに表皮は、表層から順に、角質層顆粒層有棘層基底層に区分されます。場所によって異なりますが、皮膚の厚さは約0.5〜4.0mm、表皮の厚さは約0.2mmです。ちなみに、表皮には毛細血管が存在しないため、浅い表皮の傷、表皮剥離では出血しません。

皮膚の構造.jpg

図1:皮膚の構造



皮膚には、触覚圧覚温度覚温覚冷覚)、痛覚を感知する多数の感覚受容器が存在します。皮膚において、それぞれの感覚を感じるところ、つまり感覚受容器があるところを感覚点といいます。痛覚の感覚点は痛点といい、そこには痛覚受容器があります。痛点は全身に200万〜400万個、1cm2あたり50〜350個存在するとされ、感覚点の中で最も多いです。


痛覚受容器は、別名を侵害受容器といい、【痛みの経路A】で説明したとおり、自由神経終末に存在します。侵害受容器には、高閾値機械受容器ポリモーダル受容器があり、機械的刺激、熱刺激、化学的刺激に反応します。ちなみに、温度覚の受容器(温受容器と冷受容器)も自由神経終末に存在します。45℃以上の高温、10℃以下の低温では、温度覚の受容器は興奮せず、侵害受容器が興奮します。


皮膚において、自由神経終末は、皮下組織表皮基底層まで分布が確認されています。表皮基底層より表層では自由神経終末の分布はないので、皮膚に角質がはがれ落ちるような刺激(例えば、アルコール綿で皮膚をこするような刺激)を加えても、『痛み』を感じることはありません。


つまり、ヒトは、表皮基底層まで刺激が伝わらないと、『痛み』を感じることはありません。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 18:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ
この記事へのコメント
ありがとうございます!
とても参考になりました。
Posted by エレクトリックシューズ at 2014年11月16日 20:31
to エレクトリックシューズさん

コメント、ありがとうございます。(^^)/
お役に立てて嬉しいです!
Posted by ふなこしのりひろ at 2014年11月16日 22:57
ありがとうございました
Posted by منتديات at 2016年09月01日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56136261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック