2012年06月12日

炎症の概要【炎症のしくみ@】

ヒトの“からだ”は、損傷すると、損傷したところを自ら修復させようとします。いわゆる、自己治癒、自然治癒といわれるものです。この損傷した組織の修復は、どのようにして行われるのでしょうか?


大雑把にいうと、損傷したところに『炎症』が生じ、そこが新たな組織に置き換わることで、修復されていきます。その過程を、少し詳しくみていきましょう。今回は、『炎症』の概要についてです。(^^)


組織が損傷を受けると、『炎症』とよばれる生理反応が生じます。『炎症』は、損傷を受けた組織を取り除き、修復するために生じます。


『炎症』が生じると、損傷が生じたところやその周囲は、@赤みを帯び(発赤A腫れあがり(腫脹B熱を持ち(熱感C痛みが生じます(疼痛。これらの症状は、“『炎症』の4徴候”として、経験的に古くから知られています。今日においては、これらの原因は、血管拡張、血流増加、血管透過性亢進などの、『血管反応』による変化であることが明らかになっています。


また、『炎症』が生じると、反射的、意識的に運動が抑制され、D正常な運動ができなくなってしまいます(機能障害。これを加えて、“『炎症』の5徴候”とよぶこともあります。


『炎症』は、損傷した組織を修復するためには不可欠なもので、この生理反応が正常に機能しなければ、組織の修復は滞ってしまいます。しかし、『炎症』が必要以上に強い場合や持続する場合は、『炎症』の本来の目的からは外れてしまい、生体にとって悪影響を及ぼすようになります。このような『炎症』を、病的炎症、あるいは慢性炎症とよびます。この慢性炎症の例としては、関節リウマチが挙げられます。


では、次回からは、『炎症』の原因についてみていきましょう。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織損傷・治癒のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56412034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク