2012年06月17日

炎症の機序A【炎症のしくみC】

A血管透過性の亢進と滲出液の形成

血管の内側は、血管内皮細胞に覆われています。通常、水や水溶性物質、酸素や二酸化炭素は、血管の内外へ通過できますが、血漿タンパク質(血液に含まれているタンパク質)や細胞は通過できません。


しかし、『炎症』が生じると、ブラジキニンヒスタミンなどの働きによって、血管内皮細胞が収縮します。すると、血管内皮細胞同士の接合部が開くことにより、物質が血管を通過しやすくなります。つまり、血管透過性が亢進します。その結果、タンパク質を含んだ血漿成分が血管の外に滲出し、“腫脹”という『炎症』の徴候が生じます。



B細胞成分の血管外への遊走と細胞性滲出物の形成

血管透過性が亢進すると、血管内の液体成分が減少します。すると、血液の粘性が増加し、血流速度が低下します。そのため、通常は血管の中心部を流れている細胞成分が、血管内壁側に集まる現象(辺縁趨向)が生じます。細胞成分の一つである白血球は、血管内壁を転がりながら血管内皮細胞に接着し、形を扁平化させて、血管内皮細胞の隙間から血管の外へ通過します。


白血球は、血液に含まれる細胞成分の一つで、主な役目は、血管外に遊出して、組織内に侵入してきた細菌や、異物などを、食作用によって細胞内に取り込み、消化分解して無毒化することです。白血球は、好中球好酸球好塩基球単球リンパ球に分類され、それぞれ機能が異なります。


血管外へ出た白血球は、『炎症』が生じている損傷部位に向かって遊走します。この現象は、白血球が、損傷部位に出現しているサイトカインとよばれる様々な種類の情報伝達タンパク質に引き寄せられるようにして生じます。



C白血球による貪食

『炎症』が生じている部位に遊走した白血球のうち、最初に働き出すのは、好中球です。好中球は、組織に侵入した細菌や細胞の残骸を好中球内に取り込み、好中球内のタンパク質分解酵素や活性酸素によって分解、死滅させます。なお、好中球は、最終的にアポトーシスを起こし、マクロファージに貪食されます。


アポトーシスとは、細胞がある種の刺激を受けたときに、内在するプログラムによって自発的に死滅する現象です。


マクロファージは、単球が組織に移行して分化したもので、組織に侵入した異物、自己の死細胞、脂肪などを貪食する、大型の食細胞です。


好中球より少し遅れて、マクロファージが損傷部に集まり、アポトーシスを起こした好中球や、組織の残骸、細菌を貪食します。



D炎症の終焉

壊死した細胞の除去が終わると、『炎症』に関わった化学伝達物質は中和されていきます。また、血管拡張と血管透過性の亢進もみられなくなり、血流も正常に戻り、滲出していた血漿成分はリンパ管を通って回収されていきます。マクロファージは、不要となった炎症細胞白血球肥満細胞)を貪食し、自らアポトーシスするか、血漿とともにリンパ管を通って、その場を去ります。


このようにして『炎症』は終焉を迎えます。『炎症』の終焉は、組織損傷の場合は、通常、受傷後7〜10日でみられます。『炎症』の終焉は、同時に組織修復の始まりでもあり、特にマクロファージなどから分泌されるサイトカインが、その橋渡しの役割を担っています。このことからも、『炎症』は、生体防御反応として、不可欠なものであるといえます。


一方、組織損傷が繰り返して生じる場合や、自己免疫異常による『炎症』の場合は、組織修復と同時に新たな『炎症』が始まるため、はっきりとした『炎症』の終焉は認められません。つまり、これが慢性炎症であり、その治療には難渋することが多いです。(>_<)



※『炎症』の『痛み』

『炎症』の過程では、様々な化学伝達物質が生じます。この化学伝達物質の中には、『痛み』を生じさせるものがあります。『炎症』の『痛み』は、その化学伝達物質が、侵害受容器に受け取られることにより生じます。つまり、この化学伝達物質により、“疼痛”という『炎症』の徴候が生じます。


『痛み』を生じさせる化学伝達物質には、これまでの説明で登場した、セロトニンブラジキニンヒスタミンや、登場していないプロスタグランジンなどがあります。プロスタグランジンは、白血球血小板血管内皮細胞から、いくつかの化学反応を経て生じます。プロスタグランジンは、単独では『痛み』を生じさせませんが、ブラジキニンに作用して、『痛み』を増強させます。


これらの『痛み』を生じさせる化学伝達物質は、D炎症の終焉でも説明したように、壊死した細胞の除去が終わると中和されていきます。その結果、『痛み』は消失していきます。


炎症の機序2.png



おわり(^^)


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.
中野昭一 編:図解生理学 第2版,医学書院.2000.
奈良勲 監,内山靖 編:理学療法学事典,医学書院.2006.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織損傷・治癒のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56534564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック