2012年07月01日

急性痛の情動、認知【脳の中の痛みB】

今回は、急性痛における、『痛み』の情動認知についてです。


『痛み』の情動は、急性痛においては、二次痛一次侵害受容ニューロン【痛みの経路A】参照)によってもたらされます。


二次痛は、大脳の島皮質や、前帯状回扁桃体海馬などの大脳辺縁系に伝わります。これらの領域は、情動の発生に大きく関わっており、この経路は、『痛み』の情動経路として考えられています。


前回の一次痛の経路と、この二次痛の経路は、完全に独立しているわけではありません。一次痛は、二次体性感覚野に伝わりますが、その後、島皮質などに伝わります。つまり、島皮質には、一次痛二次痛も伝わります。


島皮質に伝わった刺激は、その後、前帯状回前頭前野に伝わります。前帯状回前頭前野は、情動認知に大きく関わっています。


このように、一次痛二次痛の経路が統合されることで、急性痛における『痛み』の認知的側面が生じます。




さて、これから『痛み』に関連する脳の領域の、それぞれの機能や特徴をみていきたいところですが、もっと勉強してからまとめたいと思いますので、しばらくこの【脳の中の痛み】シリーズは、お休みさせて頂きます。m(__)m


また必ず再開しますので、どうぞよろしくお願い致します。(^^)


つづく・・・


〈主な参考文献〉
松原貴子,沖田実,森岡周:ペインリハビリテーション,三輪書店.2011.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛みのしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56869642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック