2013年04月29日

2つのユニット【歩行の基本@】

「歩行について記事を書きます」と宣言してから、4ヶ月ほど経ってしまいました。(>_<)


いよいよ今回から書き進めていこうと思います。(^^)/


歩行、これは自らの機能を使って身体を移動させるものですが、歩行中の身体は機能的に2つのユニットに分かれています。それは、パッセンジャーユニットロコモーターユニットです。


パッセンジャーユニットは、骨盤より上にある、頭、首、体幹、骨盤、両腕で構成されています。これらは歩行に直接貢献するというよりは、“運ばれている”部分であります。


ロコモーターユニットは、骨盤より下にある、骨盤と両脚で構成されています。これらはパッセンジャーユニットを“運ぶ”部分であり、歩行に直接貢献しています。


骨盤は、パッセンジャーユニットにもロコモーターユニットにも属しています。


歩行は、ロコモーターユニットの働きがとても重要です。ロコモーターユニットは、身体を目的地へ運ぶとき、次の4つの機能を遂行しています。


@直立姿勢の安定
A推進力の生成
B衝撃の吸収
Cエネルギーの温存


次回からは、この4つの機能について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65875183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク