2013年06月06日

推進力の生成H【歩行の基本J】

◎推進力の生成のまとめ


前回まで、推進力の生成について説明してきました。今回はそのまとめをしたいと思います。(^^)/


私たちが歩くときの推進力は、主に次の2つで作られます。
@重力による身体の前方への落下
A振り出される脚の前方へ進もうとする力


特に@が主要な推進力となります。


ロッカー機構まとめ.JPG
図1:立脚側下肢のロッカー機構



@での推進力を生成、維持するために、ロッカー機構という仕掛けを利用しています(図1)。


ロッカー機構には、段階的に次の4つのものがあります。
1.ヒールロッカー(踵ロッカー)⇒図1:赤〜緑
2.アンクルロッカー(足関節ロッカー)⇒図1:緑〜紫
3.フォアフットロッカー(前足部ロッカー)⇒図1:紫〜青
4.トウロッカー(足趾ロッカー)⇒図1:青〜橙
トウロッカーの終わりは、反対側下肢のヒールロッカーの終わり(図1:半透明緑)にあたる



推進力が生成されるときは、「3.フォアフットロッカー」のときです。このとき、「@重力による身体の前方への落下」(立脚側下肢)、「A振り出される脚の前方へ進もうとする力」(遊脚側下肢)が生じます。


また、Aでの推進力は、「4.トウロッカー」でのアキレス腱が縮もうとする力が基になっています。


ちなみに、Aでの推進力は、振り出す脚のスピードを速くすると、より大きくなります。その結果、歩くスピードが速くなります。


振り出す脚のスピードを速くするには、意識的に股関節を屈曲させたり(脚の付け根を素早く曲げる)、膝関節を伸展させたりします(膝を素早く伸ばす)。


以上のようにして、私たちは歩くための力を生み出しているのです。このことをしっかり理解して、正しい歩き方を身につけましょう。(^^)/


次回からは、衝撃の吸収について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68946137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック