2014年02月08日

エネルギーの温存C【歩行の基本S】

b.矢状面での足関節の運動

歩いているときの下への重心移動を最小にするための工夫に、「矢状面での足関節の運動」があります。


足.jpg
図1:“足”



私たちの脚は、棒の先端のようになっているのではなく、足関節を介して“足”が付いています(図1)。この“足”は、足関節から前にも後ろにも広がっています。


脚の長さの変化.jpg
図2:足関節の運動による“脚”の長さの変化



私たちは、この“足”によって、“脚”を機能的に長くすることができるのです。つま先を上げると、踵の長さの分だけ長くなります(図2-b)。つま先を下げると、つま先の分だけ長くなります(図2-c)。このつま先の上げ下げは、足関節の運動で行われます。


歩行時の足関節運動1.jpg
図3:矢状面での足関節の運動


歩行時の足関節運動2.jpg
図4:矢状面での足関節の運動



実は、私たちが歩くときはこの足関節の運動が行われており、“脚”の長さを変化させながら歩いているのです(図3、4)。


この足関節の運動により、重心の高さが低くなるときに脚の長さを長くして、重心の下への移動を小さくしています。


私たちはこのように、足関節を運動させて下への重心移動が小さくなるような歩き方をしています。


歩行時の足関節運動3.jpg
図5:歩行時の下への重心移動を最小にする工夫


歩行時の足関節運動4.jpg
図6:歩行時の下への重心移動を最小にする工夫



図5は、次の歩き方を横に並べたものです。

a:重心移動を最小にする工夫をしていない歩き方
b:水平面での骨盤の回旋を加えた歩き方
c:bに矢状面での足関節の運動を加えた歩き方


骨盤の高さに注目すると、cの高さ(赤い横線)が最も高くなっています。つまり、「水平面での骨盤の回旋」と、「矢状面での足関節の運動」によって、重心の下への移動を最も小さくできているのです。図6は、図5-a〜cを重ねたものです。



以上のように、「水平面での骨盤の回旋」と、「矢状面での足関節の運動」によって、歩くときの重心の下への移動を最小にしているのです。(^^)/


次回は、歩いているときの上への重心移動を最小にする工夫、「矢状面での膝関節の屈曲」について説明していきます。


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86680378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック