2014年02月11日

エネルギーの温存F【歩行の基本23】

◎歩行時の上下の重心移動を最小にする工夫のまとめ

歩行時の上下の重心移動の工夫.jpg
図1:歩行時の上下の重心移動を最小にする工夫



歩行時の上下の重心移動を最小にする工夫についてまとめます。(^^)/


図1は、次の歩き方を横に並べたものです。

A:重心移動を最小にする工夫をしていない歩き方
B:重心移動を最小にする工夫をしている歩き方
  【下への重心移動を最小にする工夫】
   a.水平面での骨盤の回旋
   b.矢状面での足関節の運動
  【上への重心移動を最小にする工夫】
   c.矢状面での膝関節の屈曲
   d.前額面での骨盤の回旋


骨盤の高さに注目すると、Aでの移動量(緑の横線の間隔)に比べて、Bでの移動量(赤い横線の間隔)の方が、大幅に小さいです。


このようにして、私たちは上下の重心移動を最小にする歩き方をしているのです。(^^)/


ちなみに、これまでの研究データによると、上下の重心移動量は、Aでは9.5cmほど、Bでは3.2cmほどです。つまり、工夫をすることによって上下の重心移動量は34%ほどに抑えられているのです。この移動量は、体格の大きさや歩行速度によって異なります。



次回は、左右への重心移動を最小にする工夫、「素早い脚の振り出し」について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87003447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク