2014年02月16日

エネルギーの温存H【歩行の基本25】

2.選択的な筋肉の制御:必要な筋肉のみ活動させる

復習になりますが、エネルギーの温存@【歩行の基本P】で、「物体を動かすときのエネルギー消費を最小にするには、できるだけ小さい少ない力で、最小の移動に留めるようにすれば良い」と述べました。


そして、私たちが歩くときは、次の2つの工夫により“エネルギーの温存”を図っていると述べました。

1.身体の重心の移動を最小限に抑える(重心移動の最小化)
2.必要な筋肉のみ活動させる(選択的な筋肉の制御)


前回まで説明していた「1.重心移動の最小化」は、“最小の移動”にするための歩き方の工夫になります。


今回から説明する「2.選択的な筋肉の制御」は、“小さい少ない力”にするための歩き方の工夫です。



私たちには様々な筋肉が全身に600個ほど備わっています。歩くときに、それらの筋肉を全て全力で使っているかというと、当然そうではありません。脚を筋肉の棒のようにして歩いているわけではありません(転倒しないように安全に歩くことを目的としている場合は、そのように歩くときもありますが・・・)。


私たちは、普段何気なく歩くとき、必要最低限の筋肉、筋力しか使っていません。


なぜなら、エネルギー消費を最小にするためです。


それを可能にしている要因には、主に次の2つがあります。

a.重力と慣性力の利用
b.精密な感覚機能


次回からは、それぞれの要因について説明していきます。(^^)/


つづく・・・


〈主な参考文献〉
Jacquelin Perry,Judith M. Burnfield:ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行 原著第2版
(武田功・他監訳).医歯薬出版,2012.
Donald A Neumann:筋骨格系のキネシオロジー(嶋田智明・他監訳).医歯薬出版,2005.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩行のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87279243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック