2014年06月04日

はじめに【関節にかかる荷重@】

「変形性関節症」という疾患があります。代表的なものでは、「変形性膝関節症」、「変形性股関節症」があります。これは、何らかの要因で、関節が変形してしまうものです。


その重要な要因のひとつが、関節に加わる圧迫力とされています。つまり、関節に大きな荷重がかかることで、関節が変形してしまうのであろうということです。


また、「椎間板ヘルニア」という疾患があります。これは、何らかの要因で、背骨の間に挟まっている“椎間板”の中身(髄核)が飛び出てしまうものです。


この大きな要因のひとつが、椎間板に加わる圧迫力とされています。つまり、椎間板に大きな荷重がかかると、髄核が飛び出してしまうであろうということです。


では、関節や椎間板に大きな荷重がかかる状態とはどのようなものがあるのでしょうか?また、関節や椎間板にかかる荷重が最も小さい状態とはどのようなものでしょうか?


このことについては、多くの方々、もっと言えば、多くの医療従事者が、気づいていながら目をつぶっていることがあります。


この【関節にかかる荷重】シリーズでは、このことにも焦点を当てながら話を進めていこうと思います。ここでは関節についてのみ説明していきますが、椎間板や他の部位(脊椎(背骨)など)にかかる荷重も同様です。



骨と関節.JPG

図1:骨と関節



図1は、骨と関節のイラストです。この図1のように、骨の上に骨が載ってバランスを保っている場合、この関節にかかる荷重は、何によるものでしょうか?


関節と筋肉.JPG

図2:関節にかかる荷重



それは、図2-aのように、骨の重さ、重力“M”によるものです。言い方を変えると、この関節には、骨の重力“M”しかかかっていません。


この状態から、関節の左右にある筋肉に力が入ると(図2-b)、この関節にかかる荷重はどうなるでしょうか??


つづく・・・


〈主な参考文献〉
鳥巣岳彦,国分正一編:標準整形外科学 第9版.医学書院,2006.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 荷重のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98919867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック