2014年06月05日

筋力と荷重と変形【関節にかかる荷重A】

関節と筋肉の荷重.JPG

図1:関節にかかる筋肉の荷重



筋肉には、力が入ると、図1のように、それが付着している部位を引き付ける力“T”が生まれます。つまり、関節に筋肉の力“T”が荷重として加わります。


関節への骨と筋肉の荷重.JPG

図2:関節にかかる骨と筋肉の荷重



その結果、関節には、骨の重力“M”(図2-a)と筋肉の力“T”(図2-b)の合計の力(図2-c)が荷重としてかかることになります。


ここで、関節の荷重が最も小さいのは、当然ながら筋肉の力が加わっていないとき(図2-a)です。


つまり、筋肉に力を入れない方が、関節への圧迫力は小さく、関節の変形が起こりにくいということです。


同様に、筋肉に力を入れない方が、椎間板ヘルニア、骨の圧迫骨折が起こりにくいということです。


このことが、多くの方々、医療従事者が気づいていながら目をつぶっていることです。


「変形性膝関節症」、「変形性股関節症」、「腰椎椎間板ヘルニア」となってしまったとき、症状を改善させるために筋力強化がよく勧められ、多くの人がそれを実践しているのではと思います。


この筋力強化は、関節の不安定さがこれらの疾患発生の要因とされているために行われているものです。関節を筋力で固めて、関節の不安定さを解消しようというものです。


しかし、これまでの説明のように、強い筋力を関節にかければかけるほど、関節は変形しやすくなります。強い筋力を椎間板にかければかけるほど、ヘルニアになりやすくなります。


この筋力強化、筋力で関節を固める方法は、疾患改善の方法としては、矛盾していると思います。


つづく・・・


〈主な参考文献〉
鳥巣岳彦,国分正一編:標準整形外科学 第9版.医学書院,2006.

Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら


posted by ふなこしのりひろ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 荷重のしくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99003132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック